2013-04

Zionフローリストケース ベルト付きオレンジ

長野県
K様

この度はi.d.o製品【Zionフローリストケース】をオーダー頂きありがとうございます。

お待たせいたしました。
Zionフローリストケースのベルト仕様完成致しました。

製品の到着予定日は24日(水曜日)を予定しております。
到着まで、もう少々お待ち下さい。

フローリストケース オレンジ

2013-04-22 | Posted in BlogNo Comments » 

 

作り手と買い手の関係

フラワーアートアワード2013 in Tokyo Midtown
本日最終日。

あっという間に時間が過ぎました。
実物は観る事ができなかったけれど、それ以上に想像することで
多大な影響を受けました。

人の出会いというのは実に面白いものだと
この頃思います。

一本の電話から繋がる。

作り手と買い手(それを気に入欲しいと、手に入れたいと願う人)の関係は実に面白い。
世の中、モノが溢れている現代。

自分だけの最高のモノを手に入れてたいを誰もが願う。

実は、その逆もあるってことを知らない。

そう、作り手側の考え。

誰かの為に、最高のモノを作りたいという想い。

これこそが、本当の意味での価値に繋がる場合がある。
人によって願いを叶えたい、と切実に思う人がいる。
そうでない人もいる。

同じ人間なのに、どうしてこうも違うのか。

我々はその想いがとっても大切にしている部分。

今日で最終日。。

撤収するのはもったいないと思う。
「きっとさみしい気持ちや、ぽっかりと穴の空いたような気持ちが押し寄せてくる」

そう思える作品こそ、最良な完成カタチなのかもしれません。
そうなると、もう、カタチ以上に想いですね。

この角度、から観るバランス、キレイですね。
流れ落ちる水のラインが、天国への楽園に向かう階段のよう。

写真では表現できないが
これに水の動きが加わったら、生きている生物のよう。
中央の水を得て、咲き誇る薔薇。

最後まで、輝き続けて欲しい。

akihiro nozaki フラワーアートアワード2013

撤収作業、気を抜かないで
みなさん気を付けてくださいね。

ありがとうございます。

2013-04-21 | Posted in BlogNo Comments » 

 

フラワーアートアワード2013 in Tokyo Midtown

「フラワーアートアワード2013 in Tokyo Midtown」は、
東京ミッドタウンのパブリックスペースを舞台として、世界を目指す花作家達が、
バラの花だけを使ったスケールの大きなフラワーアート作品を発表する新しいスタイルのアートコンペ。

フラワーアートアワード2013 in Tokyo Midtown

この作品を観て、何を想う?
どう感じる??

2013-04-19 | Posted in BlogNo Comments » 

 

大切なモノ

いつも、身近に持ち歩くアイテムは色々とある。
出かける時は、靴を履くし、バックも持ち歩く。

この頃は、じぶんの好きなアイテムに囲まれていたいと思う。
手放せなくなるようなモノは、自然と愛着がでてきます。

無くてはならないアイテム。
最近それが、これ。になっています。

プレミアムジンベイ

だんだんと、革質がイイ感じに仕上がってきて、
肌触りとい、質感といい、手放させなくなっている。

機能として役立つ。iPhoneのスマートフォンを入れるケースになるから
使える。別に意味もないのに、口を開け閉めしているだけで、おもしろい。
見ているだけで、何となくリラックス。

カワイイし、好きなだけ。

でも、

そんなモノって、どのくらいあるだろう?
愛着を持って使っている、身につけているもの。。

量産社会では、使い捨てが支流になって
なかなか、長く使う傾向が薄れてきている気もします。
ダメになったら、次、新しいモノに買い替える。それの繰り返し。

じぶんに合ったモノに
どれだけ出会えるだろう?

じぶんの本当の好きなモノに
どんな接点があるのかな?

2013-04-16 | Posted in BlogNo Comments » 

 

伝えたい事

色々と考える。
考えたところで、わたしの場合は何もはじまらないが
推考する。

そんな時間が好き。

想いを他の人に伝えるのは意外と困難な場合がある。
本人さえもそのモノごとの本質に近いところにはいるが
正確には理解していないことがあるから。

2月に開催された新宿伊勢丹の催事から
あっという間に、4月。。

明日は、東京ミットタウンで開催されるフラワーコンテスト。
いったいどんな作品が展示されるのか楽しみ。

i.d.oフローリストケースを最初にオーダー依頼されたチームが出場します。
akihiro nozaki official blog

ブログで日々の製作風景をUPされているのを見て
緊張感とこだわり、作品にかける想いなど共有させてもらった。

今日、こんな事を聴かれた。

「i.d.oさんの革製品って、他とどう違いがあるの?」

回答は、じぶんの中では、あきらかに他の革製品とは明確な違いがあると自負している。
ただ、それが何であるかを、人にシンプルに伝えるのは至難な部分もあったりする。
それは、わたし以外の他の人、第三者から伝えて頂いた方が理解できやすいのか。

一点、一点にかける想いだろうか?愛情だろうか?
デザインの品質だろうか?

他の革職人、デザイナーも同様に一点一点の製作にかける情熱は変わりないだろうと思う。
デザインも発想の起源として、素晴らしいモノがある。

わたしは、職人ではないから
それとは別の角度から発想・デザインをする。

その視点、発想とは?
実は、綿密に人の心情と連鎖する。

この頃、ふとおもうのは
もしかすると、デザイン(生み出している)をしているものは
感情ではないかと。

人の感情

モノを通じて、人の感情をデザインする。

それにより、喜んだり、嬉しかったり、満たされたり。
そこには、さまざまな感情が交差する。

とはいっても、そこまで深く考えてしている訳でもなく

ただ、純粋に、これ見たら驚くかな?喜んでくれるかな?
笑ってくれるかな?

そんなことを想像して
楽しんでつくっている。

そんなモノは、やはりイイ意味で余波があって
感情そのものも連鎖すると思うのです。

もちろん、そうでない製品。
真面目でしっかりとした作り込んだ製品も
それはそれの価値があり、個性がある。

でも、そこに、どこか「遊び心」というか
「外し」があると、その真面目さがより一層引き立つ魅力となる。

そう、【余白】。

この余白。じつは一人では生まれない。
他者がいて、はじめて【余白】が生まれ、いきる。

Zionフローリストケース

2013-04-16 | Posted in BlogNo Comments » 

 

スケジュールとアイディア管理

本当にありがたいことに、
皆様からオーダーのご依頼を頂いております。
4月からでしょうか。急にオーダー品の殺到です。

本職である、美容関係の製品のオーダーが入ることが
とても嬉しいです。メイクブラシケースも動いております。

この頃、スケジュール管理をもっとしっかりとやらなければ
いけないという状況が生まれています。

基本的に、手帳でスケジュール管理をするのは
あまり好きではありません。

縛られるのが好きではないからですが、
そうはいってられない状況です。

わすれてしまうのです。
大切な事も、ちょっとしたポイントも。
新しいこと、新しいやる事が次から次へとでてきます。

スケジュールの管理は
一ヶ月の一覧が出ているタイプが使いやすいことを知りました。

日ごとは一週間単位では
わたしの場合はメモで埋まってしまうので、
スケジュール管理を目的にするのであれば
一ヶ月単位の表示がおすすめです。

メモは、iPhoneを使っています。
iPhoneのメモ機能に、ひたすら、やる事を書いて行きます。
頭に浮かんだアイディアをメモに書き留めていきます。

わたしが使っているのは、最初から入っているメモ機能です。
リマインダーやToToDoなどのアプリも、使ってみましたが、
最初から入っているメモ機能が一番使い勝手がイイです。

何が良いのかというと、
検索ができる。という点です。

関連タグ付けされていると同じなので
気になったことを、左フリックの「iPhoneを検索」に入力すると、
メモの過去が表示されます。

これが、使えます。

ただ、スケジュール管理するカレンダー機能のiPhoenは使いやすくないです。
Refilsのアプリを使いこなせば、手帳よりはいいのかもしれない。

話変わるけれど、
手のりジンベイ、以外の製品の受注数も上がってきているのです。
それは、本来の製品の良さが伝わっている証拠ではあるのだけれど、
まだまだ、伝え切れていない。

説明写真や、説明文など
レイアウトやコーディネート方法などの提案を
見て製品の良さが理解できるようなサイトでないと、次へは進めない。

ひとり、ひとりのお客様の期待を上回る
製品やサービスを提供していきたい。

その為には、まず、
もう一度、原点でもある、ホームページのサイトの充実を計るべきたと思う。
うれしいことですね。

理由が何であれ、数あるサイトの中から
i.d.oにたどり着いて、見ていっていただけるということは。

2013-04-15 | Posted in BlogNo Comments » 

 

ACTOご注文のD様 製品完成しております。

ACTOシザーケース

ACTOⅡをご注文オーダーいただきました
D様

ご連絡頂いた携帯電話のメールアドレスに何度か
ご連絡をさせていただきましたが、エラーにて戻ってきてしまいます。

お手数ですが、もう一度、ご連絡頂きたく思います。
発送先ご住所等の確認もさせていただければと思います。

よろしくお願い致します。

お問い合わせ

2013-04-10 | Posted in BlogNo Comments » 

 

ダイヤモンドパイソンのキーケース&小物入れ

ダイヤモンドパイソンのキーケース

ダイヤモンドパイソンのマットブラック

2013-04-09 | Posted in Blog, オーダーメイドNo Comments » 

 

オーダーメイドの現実

現在のオーダーメイド依頼品の状況を整理してみる。

手のりジンベイが19匹
ACTO2シザーケース1点
JOJOフローリストケース1点
裁ちハサミケース1点
パイソンキーケース1点
コサージュ3点
ジンベイシザーケース1匹
ストレートベルト1点
ミニマム☆ジンベイ1匹

現在で、オーダー注文数は29点だ。

早くこなさないといけない。

以前はi.d.oの公式サイトは「シザーケース」と検索すると
必ず上位1ページ目には表示されていた。

ここ数ヶ月前から、ドメイン名をi-d-o.tv へ以降し
キーワードの「シザーケース」と検索しても、いっこうに表示されない。
検索表示は14ページ目という途方も無い後ろ。

だから、なおさら、
今まで、ホームページ経由で来店された
お客様の訪問数が非常に減った。

普通は、このままではまずい。と思う。
なんとかしなければと、もがく。

今回の場合、その結果、変更で
こちらの体制を変える事ができた。

マイナスをプラスに転じるということを実践した。

検索表示されてなくなるということは
もっと別の意味で、何かするべきなのだと感じた。

そこでは、その変化に対応でき
また、別のキッカケとチャンスを掴んだ。

ようは、人の人生なんて、どこでどうなるかなんてわからないって事。
人間万事塞翁が馬

この言葉は理解できる。

世の中のリズムが狂い始めていいる今だからこそ、
今、できることが他にもあるはずた。

そうやって、バランス感覚を研ぎすまして
生きていけばいい。

じぶんの感覚、直感を信じればいい。
まだ、これから先は長いのだから。

2013-04-06 | Posted in BlogNo Comments »