何かわからい違和感??

どうゆうわけか、ここ最近
違和感がつづく?

なぜだろう?

なんか変。

ちがうよーって
いってる。

たまにある。

今パッとくるキーワードは

「革から離れる」

具体的な言葉だと、新デザインは

「革の製造工程から離れる」

一見、矛盾。

直感はどうだろう。

(発想を縛られたくない・自由にやりたい)

じぶんが主導権をもたず、
あいてにあわせていると
結果的にダメになる。

先日、ガラスの花瓶と白い花グラミスキャッスルを数本購入して
アトリエテーブルの中央に添えた。

それがとても綺麗でイイ感じ。

花っていいね。心が癒される。

話をもとにもどして

違和感。

これらの方向性。

「革の製造工程に捕われない」
「捕われない」
「なにかに捕われたくない」

サイフとかカードケースとか
もうつくるのやめた。

おもしろくないんだもの。
ビジネス的観点でいうと、なくてはならないものだと思うけれど
つくることを、すすめられれば、すすめられるほど、
なんか違うな。おもしろくないな。と思ってしまう。

ワクワクしない。

それなら、つくれる人が他に多くいらっしゃるのですから
その方々が製作するばいい。

なんかスッキリしない。

思考を客観的に観ると
じつはもうできあがっている。

オーダー状況と頭の整理

数件の打ち合わせも終わり、
今、22:20帰宅しました。

これから本格的に、我々にしかできない、
美容部門、プロフェッショナル向け
スタイリスト用シザーケースの生産体制を築きます。

この機会をチャンスと捉え、更なる前進をしていきます。
底力、「もうできない」といわれたら、その時が変革のチャンスと思い
変革を成し遂げる。

きっと、我々しかできないのだと思う。

その機動力、行動量には
小手先だけではない、独自の方法で技術・生産力を高めていく。

現在のオーダー状況を整理してみます。
優先順位も含め対応致します。

現オーダーを対応してくれている
職人の方々に、感謝いたします。

なんだかんだいって
助けられているんだよ。

遠鉄百貨店
id.J スカイブルーシザーケース
id.Ji ブロンズ リールキー付き
id.Ji スカイブルー リールキー付き
id.J ホワイト レインボーモデル
id.bag レッド

大丸札幌店
id.Jライン各種

東武池袋
id.Plisma イエロー×トパ−ズ

オンザウェイ
無線機ケース50個

Y様 
id.Jxゴールド
id.Passブラック

M様 
id.Lumina ライトグレー×クリスタル
id.Lumina ライトグレー×ローズ
id.Lumina オフホワイト×ローズ×レインボー
id.Psdd オレンジ

M様
trimmer case

H様
id.BoxPython id.Box ダイヤモンドパイソン

T様
id.Lumina
id.Jx
id.Pass

Y様
id.Lumina
id.Pass
id.Pass_crystal
id.YUMO

I様検討分

O様検討分
TR-0010

I様検討分
TR-0010

A様検討分
TR-0010

K様検討分
TR-0008….

すごいっな…….

ジンベイ

New York ニューヨーク

おはようございます。
今朝の札幌、とてもいい天気ですね。

日本全国各地、回ってみて
札幌にもどってくると

札幌という街が、
とてもステキな都市だということに気づきます。

朝散歩してみました。
キモチがいいです。

今年は色々な出会いがありますが
わかれもあります。

時間が過ぎるのも、あっという間です。

最近思うんです。

考え方によって
現実が違うんだと。

いろんな人が
わたしに、気づきとチャンスをくれます。

根本的な考えての大切さについて教えてくれます。
また、それに捕われてもいけないという事も教えてくれます。
現実をよく観ろと。。

デザインや製品はカタチとなって現実にあらわれますが
それ以前に、

やはり、考え方(哲学)価値観というモノが
モノを創る人であれば、現れます。

大切なのは
その価値観が、本当に魅力あるのか。
純粋にほしいと思うのか。

そんなことに気づかされます。

この頃、インバウンドと
訪日客ブームですが、
10年前はMADE IN Chinaでした。
そこにきて、MADE IN JAPANといいます。

この15年、職人、縫製工場の現実をみて
かなしくなります。

やはり、強弱の差が歴然なのでしょうか。
なんとか、時代に対応していきたいと思います。

ニューヨークのこと、話す前に多くの人に否定されるかもしれませんが
じぶんの直感を信じて、すすんでいきたいと思います。

また、id.Jラインと同時に、より一層、美容部門を
皆様の期待にお答えることができるよう、
成長をしていきたいと思います。

色々な考え方、価値観があっていいと思います。
じぶんを信じて、突き抜ければいい。
偽善者の振る舞いこそ、何も得るものはありません。
解釈は色々。

あたえることは、えることなのですから
それを、いちばん理解しているのはじぶん。

まだまだ序章です。

これから。

気がつかせてくれる人に感謝。

そんな事を散歩中に
思い浮かびました。

ゴールドジンベイ

それぞれの決断。

日々、さまざまな状況変わっています。
結果は、現実に反映されます。

決断と責任。

色々考えさせられる。

もう余計な事は言わないことにする。

どんな人間なのか。

とても重要。

共に、何かをしたいと思える人なのか
やる気が湧くのか。

只のポーズだけなのか。

しっかりと人に人格を観ていかないと
足下すくわれるよ。

どんな時も、懸命に活動していると
体感でそんな事を瞬時に察するモノだ。

何か危険と判断すれば
その直感に従って回避すればいい。

じぶんの直感を否定した判断をしたとき、
まずいことに絶対なる。いや、なってきた。

だから、好き嫌いは別として
直感を信じる努力をする。

人は弱く、流されやすいものだから。。

一途なこだわりほど、ポキッと折れた時に反動が大きいものはない。
折れてはダメなんだ、しなるほどの、
柔軟な思考なら、変化に対応できる。

スマホの迷惑メールを撃退

最近、携帯スマホに直接くる迷惑メールにこまる。

朝早くから、迷惑メールに起こされる。
普通にメールのお知らせでくるから
パソコンのアドレスにくる迷惑メールとは質が違う。

巧みに、何度も何度も迷惑メールが送られてくる。

きっと、フェイスブックや何かでアドレス登録をされたのだろう。

最初は、個人のdocomoアドレスでジャブみたいなメールが頻繁にきて
その次に、自動送信メールがもの凄い頻度で繰り返しくる。

内容は、出会い系のような、限定特典で
振込詐欺の新しいカタチかな?

言葉巧みな誘いに
興味心身ですが、このようなメール
何千万と送られたら、その内の数パーセントが
なんらかの反応があるのだろうな。

データがそれを証明しているだろうし。
怖い世の中になったね。

振り込め詐欺も、進化していると実感した。

5月は誕生日。

5月、もう終わる。。

早い!

今月は、ほとんど札幌にいなかった。
自宅にも戻らなかった。

仕事しているね。

新潟、静岡、横浜、東京と
ホテル暮らしが続く。

ホテルに宿泊して
各都市に行って、一番実感することは、
訪日客の多さに驚きます。

新潟にいっても、静岡に来ても、横浜に着いても
ホテルのロビーは、訪日客で埋め尽くされている。
なんだか、日本に来ている気がしないくらい。

ホテルの壁が薄いのか、部屋に入っても
隣の話声(訪日客)が聞こえてくる。

パワーを感じるわけですよ。
日本語も話せている訳で、

全然関係ないけれど、コインランドリーなんか凄かった。

日本人はおとなしい、と言われても
観てると仕方のない気もした。

東京だけではなく、
新潟、静岡、横浜、札幌と、
日本中が訪日客で賑わいをみせる。

これから日本はどうなっていくのか。
そんなことを思いました。

ホテルに泊まる

ときめきか。

久しぶりテレビを観た。
自宅にはテレビが無いから
ホテルでみたのです。

金スマのkonmari
かたつけの魔法。

おもしろいね。

たまっているものは、今はオーダー。。品。。。

今、静岡です。
浜松の遠鉄百貨店に来ています。

次、横浜へ打ち合わせ
東京ビックサイトの展示会へ。

札幌に戻るのが
再来週。

そして、神戸大丸のJ-Style
6月1日から、札幌スタイルショーケース展示。

と、

その前に、、

Y様 
id.Jxゴールド
id.Passブラック
M様 
id.Lumina ライトグレー×クリスタル
id.Lumina ライトグレー×ローズ
id.Lumina オフホワイト×ローズ×レインボー
M様
trimmer case
H様
id.BoxPython id.Box ダイヤモンドパイソン
T様
id.Lumina
id.Jx
id.Pass
Y様
id.Lumina
id.Pass
id.Pass_crystal
O様
TR-0010
I様
TR-0010
A様
TR-0010
K様
TR-0008

確実に、今のままでは
限界なんだ。

それで、変化をしていかないと対応できない。

いままでもそうなんだが

変化・進化しようとしたら
誰かが必ず否定する。

「できない。それはムリだ」という、

人はまず、否定からはいるんだな。
否定してじぶんをまもる。
やりたくないんだ。変わりたくない。
今のままが居心地がいい。

それはじぶんも同じだったな。

でも、わたしの場合は
環境がそうさせてない。
不思議だ。

やらなければいけないように、なっている。

もちろん、だれでもひとはそういう部分をもっているんだ。と思う。
10年前、革職人の師匠からも
否定され続けていた事をおもいだすな。

「それは、できない。ムリだ」と。
「おれしかできない」といっていたこと。想いだす。

でも
それを、ひとつ、一つ
ひっくりかえしてきた。オセロのように。

「それは、できない。ムリだ」と言われたら
それは、実はチャンスなんだと捉えるようになった。

idj