1:09

1月12日 1:09

人生の大半をデザイン活動に費やし
製作に時間を注いでいる。

未知なモノ

そういう生き方なんだろうね。
もうそろそろ目指す技術者を育成できる土壌創りをしていかないと
我々より、先の先人はそれをしてこなかったに等しい。

結論からすると色々な理由で
できなかった。
してこなかった。

技能者であればあるほど、
その技術の伝授は困難になる。
無理なんじゃないか。

技能者であればあるほど、
同じ土俵に立てば、蹴落とすから。
本能とプライドが邪魔をする。
それを観てきた。

それを乗り越え、本気で教え、人を育てている方が
技能力の数倍も、評価に値するのかもしれないね。

じぶんはなにをすればいいのだろう

LEAVE A REPLY