デザインの原点

Boxシザーケースを作るにあたって
まず最初に取り組むのは、デザイン画からパターンを作成することです。

このパターンが非常に物作りには重要です。

今回制作した縫製仕様書は見事の一言に尽きる。
これだけの細部に関する説明、細かな配慮や耐久性に関するデーターの検証が
行われていることを、もっと多くの方に知ってほしい。

ここまでの縫製仕様書を作るデザイナー職人さんの凄さ、
そして細部まで徹底した、こだわりは他に真似のできない
オリジナリティーある製品を創り上げる。

【革の裁断について】
革を扱う方はご存知だと思うが、
牛革は、裁断する部分で革の柔らかさや、堅さが微妙に違うということ
背中の部分は硬く、裁断には扱う用途に合わせることが必要です。

適切な部位で、裁断することで完成度の高い製品に仕上がるのです。
何度見ても思うが、ここまで完成度の高い縫製仕様書を描ききるデザイナーは
私も何名ものデザイナーを見てきたが、ほとんど出会ない。

出会いというのは大切にすべきものだと、
今後もより一層思う。

LEAVE A REPLY