i.d.oのディスプレーと成長

idoのディスプレー

今、札幌大通り地下鉄東西線大通駅コンコースの定期券売り場の並びにある、
ショーケースでi.d.oのディスプレーをしています。

この場所は、平日1日約3万人の通行量があります。
やはり凄い場所と思います。カタログ補充に行った際には、
誰か必ず、立ち止まりディスプレーを見ています。

見ている人に、声をかけ製品説明しています。

5月10日夜、設営し、展示がはじまったのですが
その場所に設置していた、製品カタログがあっという間になくなりました。

翌日、カタログを追加したものの、
後日には、ゼロになり情報発信力の強さに驚きます。

今回のディスプレーのテーマ「水、緑、自然」
照明の使い方なども含め、生命力を感じさせるディスプレーです。
透明の筒型クリア板に円形の穴をあけ、そこから製品が部分的に見える仕組み。

照明に反射した、筒型のクリア板が良い意味で幻想的に光放ちます。
「光と影」をコントラストに、製品の魅力を伝えております。

この頃は、

猛烈にさまざまな事をこなしていました。
ブログを書く時間がとれない、、。と思うほど。

今、朝4:00起床で
久しぶりの更新です。

ホームページ経由からのオーダーメイド品のご依頼もあり
その他、実店舗でのご依頼もこなしながらの状況です。

今までは、ホームページがほとんどでしたが
ここ数ヶ月、お客様との接客の中から、新しいモノを生み出す機会を得ました。

今月末までは、今、やらなければならない事があり
特に気が抜けません。新製品の開発、生産体制作り、店舗設計等。

いつも、頭の中で連呼しているのは

「なせばなる。なさねばならぬ。なせばなる。」(笑)

あえて、最後にもう一回、「なせばなる。」です。

今現在のオーダー状況は、基軸になる要素が多く含まれているので
最高グレードの品質と情熱で作り上げていく必要があります。

その為には、失敗や遠回りさえも
飲み込んでいく必要がありそうです。

飲み込み過ぎて、ノドつまりしないように気をつけていきます。

プレミアムジンベイ

LEAVE A REPLY