手紙とチョコ

つらい時に届く。。

手紙。

届きました。手紙。

開けたら中に大好きなチョコ。

素直に嬉しい。

周囲からみれば、わたしは焦りを見せない人らしい。
ポケットにいつもチョコを入れて持ち歩いているからか?
この携帯用のチョコはとてもイイ。気に入った。

が。

内心は、相当な緊張感と危機感で取り組んでいますよ。
どうも、楽しんでない様子ですね。

一歩外したら、谷底へまっしぐらです。
一度の下手なミスが、リズムを崩し、あり得ない方向へとすすむ。

でも、この緊張感がたまらなく好き。
これからが体制作りだと思う。

技術や技能には恵まれた環境にいる。
高い技術をもつ本当の職人に守られている。

それらの、能力を活かし、関わり合いの中で
新しい価値ある製品を生み出すこと。

今までになモノを、新しいモノを生み出す力。

そこには、まず思想があり、
それに連動した、カタチがある。

もう一度、

優先順位と方向性を
再確認していこう。

間違えていたのであれば、
素直に認め、訂正していこう。

じぶんが思う事を、ぶつけてみればいい。
その不退転の勇気さえあれば、心は少しづつ動いていくと思う。

なぜだろう?

注文がくれば、くるほど、
オーダーが入れば入る程、

危機意識が高まる。

私の場合、現実が良い状態の方があまり良くないのだ。
昔からそうだった。

サイクルのバランスを取る為に、
二つのコトを同時に同じエネルギーで取り組み双方のバランスを取る。
まるでシーソーゲームのようだ。

美容師用のシザーケースやスタイリストのメイクブラシケースの注文が重なりこなす。
それと、同時に手のりジンベイに情熱をいれる。
ジンベイさん、シザーケース、ジンベイさん、シザーケース。

しかし、

今、私が考えている事は、
もっと別のところにある。

わたしが情熱、時間、金を注ぎ込む先に
いったい何が見えるのだろうか。

2013-03-28 | Posted in BlogNo Comments » 

関連記事