ダイヤモンドパイソン コインケース

ダイヤモンドパイソン
ブラックマットのコインケース。

前回、製作した製品より、パイソンの鱗部分のキメの細かさが際立つ。
裏を特殊な芯材を貼り合わせる仕様へ変更。
裏側から筒状ミシンでの中縫い仕様の為、縫い線をパターン修正。
ファスナー取り付け部分は、筒状のミシンでも縫製可能な手法へ変更。
全体のサイズを若干変更し、裏の仕上げを改善する。

こう観ると、パターンの細部修正は、デザイン変更同様、永遠に続きます。
細かいところをやりだしたら、終わりがみえない。
厚さが変われば、芯材もかわりますので
素材自体の特性をしっかり把握しておく必要がありますね。

じぶんなりの基準をみつけ、デザインも絶えず変わり、
パターンもその都度、変える。

札幌には、革職人として優れた能力を持ち合わせている方々が
多くなってきました。

ダイヤモンドパイソンのコインケース

LEAVE A REPLY